「人」と「数字」を おもしろいほど動かすセールスライティングとマーケティングのハナシ

惚れられるプロフィールの作り方

惚れられるプロフィールの作り方

個人が活動するにあたり、ネット上のSNSでもブログでも、はたまた、リアルな場でやり取りする名刺や自己紹介であっても、『プロフィール』と言うものは、無くてはならない存在ですね。

「プロフィールって目立ってナンボでしょ?」

「自分の実績をたくさん書けば注目される!」

「とにかくストーリーとヴィジョンだよ!」

でもそれ、実は…大間違いだとしたら?

プロフィールが大事な理由

例えばあなたは『きむらたくや』さんを、ご存知でしょうか?

・・・

今、頭の中に浮かんだ人物は・・・

『キムタク』ですね!?

プロ野球選手や、アナウンサーの方では無かったハズです。

そう、『キムタク』や『タモリ』『さんま』『たけし』と聞いて、顔が浮かばない人は居なかったと思います。

そして、その人物を知らない人に「教えて下さい」と、言われたら、どんな人物かと言うことも、ある程度説明できるのでは無いでしょうか。

こう言った有名人、著名人の多くは、既に名前がもう『ブランド』として、確立されているのです。

私たちが仮に、こんな風に、名前だけで勝負ができる人だったら、プロフィールの重要性は極端に薄くなります。

極端な話、この世に誕生した時点で、あなたが『お姫様』や『王子様』としてお生まれになっているのであれば、名前ですら、あまり重要では無くなりますよね。王子、姫、と呼ばれるだけで、それが貴方を表す用語となります。

しかし、残念ながら私たちは… 『無名』です。

名前だけを伝えたところで、そこには何も、あなた自身の情報が存在していません。

もう一度、どんな時にプロフィールが必要なのかを考えよう

ちょっと風邪をひいたかな?と、病院へ行って、あなたの名刺を出したり、肩書を述べたりするでしょうか?

やってみても良いけど、看護師さんの反応には責任を持てません(笑)

何かのチケットを購入する時に、あなたのプロフィールを書き込むでしょうか?

そこで必要なのは、住所や電話番号であって、購入者が特定できれば良いわけです。

では、異業種交流会や、オンラインサロン、営業といったシーンを想像してみて下さい。

果たして、名前と電話番号などで事足りるでしょうか?

・・・と、考えると「自己アピールをする場所」こそが、プロフィールの位置づけなのです。

使うシーンによって、重要度は変わりますが、あなたがプロフィールで、名前以上のものをアピールし、ないといけない時に、プロフィールは非常に重要な役割を果たします。

せっかく、あなたの事を印象付ける絶好の機会なのに…むしろ、最初に見られる可能性の高いポイントなのに…

そのプロフィールが手抜きでは、顔も洗わない、寝ぐせ頭の状態で人前に立っているようなものです。。

それはネコにとっても恥ずかしいニャ(毛づくろい命!)

プロフィールの失敗例に学ぶダメポイント

SNSなどを巡回して見ると、とても個性的なプロフィールに溢れていて、驚く人も多いと思います。

「自分には偉そうに言えるような実績も無い」

「個性的な言葉が浮かんでこない」

「どれだけの情報を入れたら良いのかわからない」

心配する事なかれ。
最初から凄い実績を持つ人はいませんし、なんだか凄そうに見えるプロフィールも、実は散らかっていて、非常にブサイクなものもあります。

ここでは、やってはいけない失敗例を基に、正しいプロフィールの構成を覚えていって下さい。

※実例をカスタムしており、あくまでもサンプルです。

症例1:実績が凄いのかどうか曖昧な数字

毎日2時間勉強中

今年は海外旅行年2回

毎日更新記録46日達成

転職経験3回

症例2:必死すぎる

〇〇で焼き肉店●●を経営しています! ●●見た!と言ってご来店頂ければお会計10%OFFさせて頂きます!水曜のランチは比較的空いていて狙い目です!!!

症例3:わかり辛い言語のオンパレード

ラモン認定コーチ

パクナベソム3期マスター講座

ペミュゴッド特待生

ソラル4回記録

症例4:独自の世界観過ぎて意味不明

闇から生まれた悪の化身。半分正常、半分異常。時に天使のように。

症例5:固すぎて入り込む余地無し

私は都内で理髪店を営んでおります。戦後の祖父の代から受け継いだ3代目として、毎日真摯にお客様を気持ちよく帰宅して頂く事を喜びとしております。夕方はお返事が遅くなりますが宜しくお願い致します。

ちょっと意地悪に、極端な例を挙げてみました(笑)

恐らく、誰が見ても、違和感には気づかれると思います。

ですが、これらのヒントは、私が日々、目にする情報から拾ったサンプルで、巷には、こんなプロフィールも溢れかえっている、と言うことです。

あなただけのピカピカのプロフィールを創るには

お待たせ致しました。ビジネス分野で、ピッカピカに注目されるプロフィールを創る方法です。

よりエッジを利かせるには、ごちゃまぜMIX、ごった煮は、やはり注目されません。

例えば、あなたは

  • 「いろいろ入っていて美味しいですよ~」
  • 「今朝、水揚げされたばかりのカニをふんだんに使っていて美味しいですよ!」

と、言われたら、どちらに魅力を感じるでしょうか?(カニ嫌いな方は、さておき…笑)

ニキビに悩んだとして、

  • 「お肌のトラブル解決します」
  • 「ニキビ専門の治療院です」

だったら、どちらが気になりますか?

プロフィールを創る上で最も大事なのは、

“あなたが読み手に与えるメリット(ベネフィット)を端的にわかりやすい言葉で表し、キョロキョロさせない仕掛け”

を、創ることです。

プロフィールに必要な3つのポイントをしっかり掴んで下さい。

1.数字の入った実績

失敗例と違い「書くほどの実績なんだ」と、瞬間的にわかるものです。

  • わからない = 読まれない
  • わからない = 魅力ではない

からです。

よく、ご相談に多いのが
「そんな実績は持っていません」
と言う人。

でも、深く掘り下げて聞いてみれば、あなたの実績とは、生まれながらにして既に始まっているわけです。

例えばこんなものも実績になります。

・日記を3年以上続けている
⇒それが1行日記だったとしても良いのです。日記を続けていることは「継続力のある人」「書くことが好きな人」という印象を与えます。

・生まれてから1度も〇〇県を出た事が無い
⇒これは、その県の事ならお任せください!というアプローチもできますし、「地元愛が深い」というキャラクターを感じさせることもできます。

・夫婦喧嘩ゼロ
⇒仮にそれが、(現状は…)だったとしても(笑)事実なのですから、書いてもOK。もちろん嘘はダメですが、記録更新中であっても事実としてなら書けます。パートナーシップが良好で、プライベートが充実している、と言う印象を与えます。

2.数字は換算して見栄えさせる

先程の日記を例に挙げてみます。

例えば日記を3年と2ヵ月続けていたとして、

「3年と2ヵ月続けています」
だと、凄そうだけど、インパクトに欠けますよね。

3年 ⇒ 365 × 3 = 1095日
2ヵ月 ⇒ 31 × 2 = 62日

合計して…

『マイ日記1157日継続中!習慣化が得意です。』

と、書き換えるとどうでしょうか?

これは、商品やサービスのキャッチコピーを考える際にもとても有効です。数字の魅せ方はいろいろ変換可能、ということを覚えておいて下さい。

3.相手のベネフィット

人は基本的に、自分の得になる情報にしか反応しません。

ここで言う相手とは、文字媒体なら読む人、対面の場合は、目の前の人、となるわけですが、いずれにしても『短くわかりやすい』言葉が理想です。

まついのプロフィールを例に挙げると、

“売上200倍を生むコピーライター”
“文字で人と数字を動かす”
“年間900個以上のコンテンツを、たったひとりで生み出せる、ハイタスクコミッター”

などを媒体によって使い分けています。

4.個性、キャラクターを感じるキーワード

「そういう人、いるよね」
凄い人、魅力的な人は、世の中、たくさんいらっしゃいます。

せっかく読んで貰ったプロフィールも、こんな風に、結局は興味を持ってもらえない、というのは結局のところ『人間的魅力』をトッピングしていないからです。

「あなただからお願いしたいんです!」

と、言われた時は、トリハダが立つ程嬉しいですよ。

そんなあなたの魅力を、プロフィールに盛り込んでおきましょう。

トッピングは、乗せすぎるとウルサいですし、メタボになってしまいますが、あなたが「こけし」のように見られない重要ポイントです。

5.強い言葉を選ぶ

最後に全体を見直し、プロフィールの単語には、なるだけ『強い言葉』を、選んで下さい。

例えば、同じ「色」でも

  • 真っ赤
  • 血塗られたような赤

では、印象が違いますよね?

「稼ぐこと」を表す用語でも

  • お小遣い
  • 稼ぐ
  • 儲ける
  • 臨時収入
  • ボーナス

では、また、イメージするものが違います。

強い言葉には、読む人、聞く人をハッとさせ、興味を抱かせる効果があります。

まとめ

いかがでしたか?

プロフィールにこだわって、損は無し。
あなたの魅力を伝え、誰かとの出会いに繋がる、超重要ポイントです

また、あなたの実績や進化と共に、随時カスタムしていく必要もあるでしょう。

自分では、やっぱり…
という人は、友人・知人や尊敬する人などに、他者評価を貰ってみるのもオススメです。

どうしても難しい!というあなたは、ご相談下さい。
「ブログを読んだ」とお問い合わせいただければ、カスタム特典を付けさせて頂きます。
※詳しくはお問い合わせフォーム

あなたの素敵なプロフィールから、一期一会の素敵な繋がりが生まれますように。

この記事を書いた人
日本一ぶっとんだコピーライター★中卒元ヤン3児のシンママ★ 2度死にかけ3度目の人生謳歌中♪妊婦起業から12周年。質重視のオンライン集客を得意とし、文字で人と数字を動かし売上200倍をつくる、ITマーケティング・プロデュースも定評。ITリテラシーが異様に高く、これまで扱ってきたソフトウェアは全て独学マスター。多読家。テクニカルスキルを活かした経営者のオールインワンサポートとパソコンだけで稼ぐ方法を起業家へ指導し圧倒的な記録をつくり続けている。関西弁迷子とタイマンコンサルが得意技。ネコ好き・チョコ好き・ROCK好き。詳しいプロフィールはこちら
SNSでフォローする

コメントを残す