「人」と「数字」を おもしろいほど動かすセールスライティングとマーケティングのハナシ

ビジネスに谷間は必要ですか!?

 深夜の男子禁制だからって書いていたコトではあるのですが、あまりにも反響が大きかったので、特別に公開しちゃいます。「ビジネス」と「谷間」の話(笑)


ここに掲載する記事は2020年5月~10月まで「限定配信」しておりました有料メルマガ『真夜中のお手紙』より抜粋したもので、普段のメルマガとは違う “ ビジネス以外のご相談 ” にフォーカスした、女性起業家向けのご相談回答企画です。ご好評につき、一部を当ブログでご紹介致します。

えーっと、刺激が強い方は「谷間」⇒「色気」って置き換えてもらえれば…笑

ジェンダーレス時代突入とは言え、男女の見た目は、やっぱり違いがあるものです。生物学的に、それは仕方のない事でもあり、社会的役割を調整することはできても、産む生き物、産まない生き物、という構造まで変える事はできないからです。

当然ながら、男女特有の問題はあるわけで。

今回頂いたご相談

個人事業主として活動しています。

私は顔を出さずに活動していて、その中でSNSの発信を続けていて思うのですが、良い歳して “あざとい” 感じの写真を見るとうんざりします。女性に対してです。

性格悪いかもしれませんが、それ別人でしょ?みたいな加工お化けみたいな写真を載せて美人だとか、可愛いとか言われて喜んでいたりムダに露出の高い服を敢えて?着たり、そんなの男性が反応して当然ですよね。

私は顔はもちろん、身体のパーツも出した事は無いですし、そんな事で注目されても何の得にもならないと思います。

まゆさんは水商売も経験された事があると仰ってましたが、そういう人達に対して、どのようにお考えですか?また、ビジネスに色気とか必要なんでしょうか。

私は、普段、ジーパンとTシャツが殆どだし出すものも特に無いんですが(笑)

ピクミンさん:30代 既婚女性

まゆからのお返事

ご相談ありがとうございます。

すごーーーく、仰りたい想いはわかります。

タイトルに付けましたが、「ビジネスに谷間は必要か?」と言う目線でお話しますね。

人間の「本能」「煩悩」って、自分が思っている以上に、もの凄く強いです。

なので、世の中の大半の人は、かんたんに、性的刺激とか、ミステリアスな表現に吸い寄せられるんですね。

これは、もう何百年も昔から変わらないセオリーで、広告業界などに目を向けると顕著にわかるのですが、それは何も、男性に向けたことだけに限らず

  • 無駄に裸のマッチョな男性が料理してる
  • 無駄に胸の筋肉ピクピクさせながら話す
  • 無駄に腰を振る動作を取り入れる

テレビCM、エンターテイメントの世界でも、こんな例に心当たりはあると思います。

私はマッチョ大嫌いなんで、何も思わないのですが
友人はキャーキャー言ってましたね(笑)

要するに、男性に対しても、女性に対しても、性的な刺激は「注目」される要素になります。

あるプロジェクトでは、凄く真面目な対談を、男性2名で長時間議論する映像の途中に、数分間だけ、真ん中に水着姿の女性が座っているシーンに切り替えました。

全く持って意味不明なんですが、無い状態に比べ、視聴者の閲覧数は持続され、離脱を防ぐ効果がありました。

女性でも、胸の大きな女性が居たら、見ちゃいますしね、凄っっ、て(笑)

で、ここまでは、人間とはどういうモノか?と言う話です。

まず、事前にこれは理解した上で、ですね

私の見解は・・・

ビジネスに谷間を持ち込んだ責任は重いよ

と、思っています。

持ち込むかどうかは、ご本人の自由ですね。法に触れなければ、取り締まられるものでも無いでしょう。

ただ、ピクミンさんをはじめ、見る人には明らかです。

だって、今時、スマホで撮影して、谷間が映っちゃったら、トリミングして切っちゃえば済む話で。。。(笑)

修正は誰でもできますよね。画角的に難しければ、スタンプなどもあります。

「敢えて」載せるには、理由がある。

谷間に限らずという事ニャ。

もちろん、時に意図せず、なんでも無い平凡な写真で、マニアを刺激してしまう事もあると思いますが(笑)

谷間は恐らく、計算でしか無いでしょう。

例えば、手っ取り早くSNSで数字を稼ぎたいなら、谷間などは、非常に有効な手段だと思います。

たまに、ガッツリ出てるお尻とか、下着姿?みたいなの載せていらっしゃる人も、見かけたことがありますが、コンプライアンス的にどうなの?と、思いつつも、大きな事件でも起こらない限り、基本的に、「SNS運用会社側」も、ユーザーが盛り上がる事はメリットでもあるので、見て見ぬフリも多いのでは無いでしょうか。

で、そういった写真は、やはり注目されやすいです。

行動心理として、テッパンなんですね。

映画の冒頭に性的なシーンが含まれているものが多いのも、観客の目と心を引き寄せる理由があります。

ただ、ビジネスの内容によっては、中長期的に考えて、そういう事をして、一瞬ぐわぁっと相手の意識を掴んだとして・・・その後どうなの?と言う事を考えなければいけません。

だいたい、安易にそんなことをする人に限って、あまり深く考えて無い事も多く

「セクシーとかいっぱい言われる~」

「もっと過激な写真がいいかな~」

なんて、勘違いした方向に走って、ビジネスツールとは名ばかりで、自分の承認欲求を満たすだけのツールになっている事が大半です。

「バ〇」です。(に、見えてしまいます。。)

恐らく、そういったSNSアカウントには、DMとかで「会おうよ」「写真送ってよ」みたいなウザいのも、いっぱい来てるハズです。

向き合うべきビジネスへの集中を欠きますし、似た者の相手をする羽目になる良い例です。

ですがたまに、それらの女性的な武器を使った上で、非常にうまくのし上がる人も居ます。

そうなれば、もはや『プロ』では無いでしょうか。

誰にでも出来る芸当では無いですし、

その戦略に相応のリスクは伴いますが。

ここです。

 “ 相応のリスク ”

だから、『ビジネスに谷間を持ち込んだ責任は重いよ』って話です。

一度付いたイメージを払拭するのは、至難の業です。

しかも、そのイメージが強烈であればある程に。

セクシー女優から、一般女優に~。などと言って転身をされて、清純派の役などが、まわって来る人はいないですよね。

なので、結論を言いますと、ピクミンさんのように、そんな武器なども使わずに成功する人、が、最終的には、幸せで快適なビジネスを長期的に続けていますよ(^^)


本編に書いた事は過激すぎて・・・
(ごにょごにょごにょ。。。)

ブログバージョンの裏まゆをご用意しました。

さて、私、とある女社長さんに、こんなことを言われた事があります。

「あなたが契約取れるのは、若くて可愛いからですって!」

・・・は!?( ゚Д゚)
言われたまま書きましたが、自分で書くのも恥ずかしいわ。と、いうこの言葉。

色々、ツッコミたくなる、この言葉。だって言われた時点でとっくにアラフォーです(苦笑)
前述の話のような、勝負する谷間も無ければ出してもいません(苦笑)

本気でそう思っているのなら、この方のビジネスの見通しは、明るくないだろうなぁ…と、余計なお世話ですが思った次第です。

事実、ビジネスはある意味戦場で、弱肉強食の世界。
と、危機感を感じている人ほど、こんな言葉には違和感を覚えるのでは無いでしょうか。

少なくとも私は、立ち止まる事無く、ずーっと手足を動かし続けて「今」がありますし、脳みそが破裂しそうなほどに、あらゆる「可能性」を、いつも考え続けています。

実は、それらはビジネス「だけ」に限った事ではありませんが、この先も、

弱音を吐くくらいなら自分にムカつこう

と、思いますし

できない言い訳は辞書に無く「どうすればできるか?」しか考えません。

このままきっと、おばあちゃんになっても同じ事を言ってそうです(笑)

この記事を書いた人
日本一ぶっとんだコピーライター★中卒元ヤン3児のシンママ★ 2度死にかけ3度目の人生謳歌中♪妊婦起業から13周年。質重視のオンライン集客を得意とし、文字で人と数字を動かし売上200倍をつくる、WEBマーケティング・プロデュースも定評。ITリテラシーが異様に高く、これまで扱ってきたソフトウェアは全て独学マスター。多読家。テクニカルスキルを活かした経営者のオールインワンサポートとパソコンだけで稼ぐ方法を起業家へ指導し圧倒的な記録をつくり続けている。関西弁迷子とタイマンコンサルが得意技。ネコ好き・チョコ好き・ROCK好き。詳しいプロフィールはこちら
SNSでフォローする

コメントを残す