「人」と「数字」を おもしろいほど動かすセールスライティングとマーケティングのハナシ

あなたの商品サービスって男は相手にしていません!?

 ジェンダーレスの時代とはいえ、性別による特徴や差があるのは事実です。

それを踏まえ、あなたの商品、サービスの「ターゲット」は誰なのか?という事を、考えて決定していますか?


ここに掲載する記事は2020年5月~10月まで「限定配信」しておりました有料メルマガ『真夜中のお手紙』より抜粋したもので、普段のメルマガとは違う “ ビジネス以外のご相談 ” にフォーカスした、女性起業家向けのご相談回答企画です。ご好評につき、一部を当ブログでご紹介致します。

業界、業種に限定していたり、年齢や性別を限定していたり、という事が「必要」なのか「不必要」なのか?
意外と、ここで悩む人は多いです。

今回頂いたご相談

昨年からセラピストとして独立し、自営業者になりました。

地道に、ですが、少しずつお客さんも増えて来ました。

私の仕事は、女性向けサービスです。

男性を相手に、できなくも無いのですが過去に、怖い体験などもあり、男性の方が、お金を持ってそうとは思うのですが、この先お客さんにするつもりはありません。

なので、女性目線のことしか書きませんし<男性お断り>と、あえて書くような事はしていないのですが多分、誰が読んでも、それは伝わると思います。

なのに、男性からの問い合わせが無くならないです。

月によっては、男性の方が多くて無駄な対応に時間を取られます。

やっぱり、売上は上げたいし一度、問合わせの男性人数×客単価を考え、受けてみようかとも思ったんですがやっぱり、過去の恐怖がフラッシュバックします。

知人の起業家に相談すると

「独立して、そうそう問合わせなんて無いんだから贅沢。お客さんにすればいいじゃん。」

と、軽く言われるのですが気が重いです。

こんな事では、サロンの売上を伸ばすのは難しいでしょうか?

男性も視野に入れていった方が良いのでしょうか?

確かに、そういう層を上手く使って仕事してるなー、と思う人も周りに居ますが(笑)なんとなく好きになれません。

まゆさんだったら、どうされますか?

ヨシザワさん:39歳 2児のママ 自営業

まゆからのお返事

ご相談ありがとうございます。

ヨシザワ さん、独立おめでとうございます!
今まで以上に、やり甲斐を感じつつ、また、初めての事でのご苦労も多いかと存じます。

まず、『女性だけをターゲットに絞ること』は、全く問題ございません。

性別では無く、年齢や職業などでターゲットを絞り込んだ場合も、同じ事が言えますが

みんな、どうしても

「逃した魚は大きいのでは?」

と、感じてしまうものです。

ですが、冷静に考えて、女性だけでも、世の中に人は五万と居て、十分に、ターゲットの数は足りているのです。

そのうちの数十名、数百名が、ヨシザワ さんのところへ、毎月、訪れてくれると考えて下さい。

それだけで、目標売上の何%を達成しますか??

恐らく、そう悪く無い数字になっているハズです。

そして、

『その女性たちを毎月〇人』

来てもらう事だけを考えて集客するのです。

  • 発信情報や媒体を工夫する
  • 商品やサービスを見直す
  • リピーター施策を作る
  • 拡散を狙う

マーケティングとして、やれる事は山ほどありますが、全てにおいて、ターゲットの事をイメージしながら考えて下さい。

と、ここで。

「女性・・・いや、男性も少しは・・・」

などと考え始めると

全てにおいて、ブレが生じます。

  •  発信の文章、訴求が曖昧
  •  キャッチコピーもハッキリしない
  •  イメージやカラーがごちゃごちゃする
  •  コンセプトやサービスも無難な路線に

などなど、全体を通して抽象度がかなり上がり

『誰に、何を言いたいのか?』

『どんなお客さんが、何を得られるのか?』

が、見えないのです。

これは、

その他大勢に紛れる売れないパターン

になります。

今、ヨシザワ さんが、お客さんを得ている理由のひとつは、女性に向けたアプローチを行っているからという要因が強いと思います。

これが無くなってしまい、男性も~、というメッセージに変わった途端、違和感を感じるお客様も少なくは無いと思います。

とは言え、情報と言うのは、結局のところ、受け手の解釈が全てなので、今後も、男性客からの問い合わせ自体はあると思います。

お客さんは、選ぶべきです。

スモールビジネスほど、必要な事です。

ヨシザワ さんのお気持ちが乗らないのであれば、キッパリお断りして構わないですし、場合によっては、ご紹介や
ご夫妻での利用など、イレギュラーな対応を取る場合もあるでしょう。

それらを含め、柔軟に対応できることが、スモールの強みであり、魅力でもあります。

『 100%、〇〇だ! 』

と言う考えは、作らなくて構わないですが、理想のお客様像は、必ず決めておいて下さいね。

そして、来られたお客様と、長く、良好なご関係を続けて行って下さい!

女性向けサービスを提供し、結果として男性が来られた(受ける、受けないは別として)

このこと自体は、特に不思議な話ではありません。

男性向けの洋服を買う女性も居ますし、女性向けのキャピキャピした雰囲気のカフェに、男性が並んでいる事もありますよね。

問題は、そもそものコンセプトが、「もったいない」とか「あわよくば…」などという邪念で、ブレてしまうこと。

そうなると、ブランディングも希薄になり、発信している情報も、ブレたメッセージになります。
これは、せっかくのマーケティング効果を半減させることに繋がるので要注意です。


ターゲットの性別を、どうするのか?と言う話は、いくつかご相談を受けます。

先に書きましたが、性別に限らず職業?地域?年齢?趣味嗜好?どこまで絞り込むのが正解かと、考えだすと、迷宮入りしそうになりますよね。

でも、いつ、何時も『 ゴール 』を、考えて下さい。

私たちのようなスモールビジネスは、新規顧客獲得に多額のコスト(時間・労力・お金)をかけ続けることは、勝負として、厳しいものがあります。

ですので、1人のお客様との一期一会の出逢いを大切に紡ぎ続けることが、他の多くのお客様を呼び込むことへも繋がって行きます。

リピーター率が低い場合、過酷な戦いを続けているところが多いです。

昔、知人の起業家に、こんな女性が居ました。
その方は、女性向けの恋愛・パートナーシップ問題を解決する、先生のようなポジションでお仕事をされていたのですが、徐々に、男性からの相談も増え、また、男性客は所得も多く、お金払いが良いなどの理由で、男性向けの恋愛塾のような講座にシフトチェンジしたのです。

結果、売上は3倍にも膨らみました。それが、恋愛塾の第1期です。
当時、生徒さんを迎えての対面講座を、月に1回開催していらっしゃったのですが…蓋を開けると生徒のほとんどが、先生(その起業家)に恋をしている状態でした。

このビジネスが、長く続かないであろうと言うのは、あなたのご想像通りです。
結果的に、過去最高売上を「一時的には更新」したものの過度な精神ストレスで第1期すら、キチンと、終えられぬまま幕を閉じたのです。

先生はもちろん、生徒さんにも幸せは訪れなかったことでしょう。

安易にターゲット選定をブラし、メッセージを変える事は、結果的に、自分やお客様を苦しめることになってしまうかもしれません。

そもそも、あなたはそんなビジネスに、情熱を注げるでしょうか??

目の前の小さな成功より、その先の、更なる大成功を目指して、地に足を付けたビジネスを拡大させて下さいね。

この記事を書いた人
日本一ぶっとんだコピーライター★中卒元ヤン3児のシンママ★ 2度死にかけ3度目の人生謳歌中♪妊婦起業から13周年。質重視のオンライン集客を得意とし、文字で人と数字を動かし売上200倍をつくる、WEBマーケティング・プロデュースも定評。ITリテラシーが異様に高く、これまで扱ってきたソフトウェアは全て独学マスター。多読家。テクニカルスキルを活かした経営者のオールインワンサポートとパソコンだけで稼ぐ方法を起業家へ指導し圧倒的な記録をつくり続けている。関西弁迷子とタイマンコンサルが得意技。ネコ好き・チョコ好き・ROCK好き。詳しいプロフィールはこちら
SNSでフォローする

コメントを残す